寿楽庵さん

軸も太くなり、若芽も少なくなりつつあります。



寿楽案さんの、春限定、季節感たっぷりの

わさび葉蕎麦は17日まで、「新芽のしょ

うゆ漬」は4月下旬まで予定しております。

寿楽庵 

豊岡市日高町十戸 tel0796-44-0841
定休日 木曜日

やおやONEDROPさん

葉っぱもの、お世話になっています。

やおやONEDROP

京都市北区小山初音町26
tel075-493-5612 定休日 月曜日

かね松さん

春と秋にお世話になっています。

『新芽のしょうゆ漬』販売中です!

■京都錦市場 かね松老舗

京都市中京区錦小路柳馬場西入ル
 tel075-221-0088

齊藤さん

土曜日、綾部市、奥上林(おくかんばやし)で活動されている

「きらり上林」
斎藤さんご夫妻がワサビ田に来られました。

お母様は『野草の力をいただいて』の若杉友子さん(ブログで

もご紹介させて頂きました、その他、書籍はこちらをどうぞ)。



ワサビ田にも感動していただき、食事会、翌日、豊岡市の

『田道間守のふるさと・豊岡で「お菓子」について考えるセミナー(1)』

にも参加させて頂き、飽食、グルメな時代、日本人は何を食べて

元気だったのか、まずはお米を見直す、昔から学ぶということ、

自分、家族の毎日の「食」、暮らし、地域の農業、斎藤さんの

実践からのお話し、とっても考えさせられ、実践してみたいこ

ともたくさんあり、参加された皆さんも真剣そのものでした。

お菓子と言っても雑穀、穀物、周りにある干し柿、栗、薩摩芋、

南瓜などを使った昔の家のおやつ。調理実演もあり、皆さんで



試食。在来種「あさひ」の玄米お粥とお惣菜を使った「おかゆパン」。

黒ゴマ、薩摩芋、塩だけ。土鍋と塩だけ、「南瓜の蒸し煮」、その

甘さに皆さんとても驚かれていました。とっても学び多い2日間、

うれしいご縁、ありがとうございました。

スローフードな縁日





※拡大できます

スローフードな縁日2012 in 姫路護国神社・境内

日時:9月5日(水曜日) 午後4時〜8時30分まで(雨天決行)

テーマ「播いて磨く 播磨の食」 主催:播磨スローフード協会

武内食品さんの「真心豆腐」にワサビ、今年で3年目です。

こだわり豆腐、本当に美味しいです。

農家さんご案内

大阪のレストラン、料理店専門の八百屋さん、

「セレクト」の住本さんをご案内しました。

日高町八代地区の吉岡さん



トマト、オクラなど。同級生、刺激になります。



日高町赤崎の吉谷さん



赤崎ねぎ種。45年ほど。



左がレタス、右がネギの苗。



日高在来の白ナス。



大根の種。30年ほど。

・出石町の寺田さん



主にお米、納豆などの加工もされています。

七夕豆(インゲン豆)、この地区の在来種。

農家さんと八百屋さんの話し、とてもおもしろく、

勉強になります。大変ご満足戴けました。

やまけんさん

やまけんさんを囲んでのお食事、交流会がありました。






いろいろな方との出合い、ありがとうございました。

『野草の力をいただいて』



『野草の力をいただいて』
若杉ばあちゃん 食養のおしえ

若杉友子(著) 2011 五月書房  

好きな本のひとつです。この時期にまた再読。

京都綾部の山奥で自給自足をする若杉さん、

有名なお方です。食養のおしえ、実践からの

知恵など学びも多く、本に出てくるものはどれも

身近にある野草。おばあちゃん、野草、在来種、

料理、暮らし、写真も多く、とても読みやすい。

日本の気候風土のなかで、ずっと命の営みを

繰り返してき野草や在来種は生命力が強い、

私たちが大事にしなくては、この国が・・・

野草を見直し、食べ物の原点に置くべき・・・

ずしりとくる言葉、でも温かい、野草も面白い。

昇一楼さん

 

3月10日、お世話になっている岡山の「懐石 昇一楼」さんに。

残念ながら今回はご挨拶だけ。またゆっくりと来させて頂きます。

■岡山市北区天神町2−10 東税務署前 ☎086-212-1022

手前味噌(2)

3月9日、日高のセンター、3年目となる味噌作り



今年も掘名さんの「コウノトリ育む農法」の大豆、

在来種の青大豆、佐野の鳥井さんの大豆は初めて。

量が足りず、昨年うちで栽培したものも入れて。



そして出石の寺田さんの有機米の麹です。

来年からは家で、雪の日、冬仕事、薪とかまど、

杵と臼、昔ながらの味噌作りに挑戦予定です。