村の春祭り



十戸神社と弁財天で祭典が行われました。

トタンの向こうがワサビ田になります。



この時期は白い花、満開まであと少しです。

謹賀新年

今年も皆様にとりまして良い年になりますように!



パウダースノーに包まれたワサビ田、家からすぐの

山から撮っていると、初めてここで鹿に遭いました。

今年もいろいろ向き合って楽しみたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!

苗作り(18)



2010年から新たにはじめた育苗ですが、

水の管理など改善しながら、この秋まきは

今までにない出来となりました!

視察いろいろ

先月は長野県から、今月は石川県から生産者さんの

視察がありました。私も先月は山梨県に行きました。

祖父の代から世代を越えてこうした交流が続いてい

ます。ありがたいことで、ほんとに勉強になります。

全国いろいろまわりたいなぁと思っています。

こどもとわさび

今年も地元、清滝小学校の三年生が見学に。



今は水の神様が安置されている水源地↑、

熟してきたわさびの種、水路を泳ぐさか

ななど、ネタもたくさんです。子どもの

見学ではいつも最後にわさびをおろして、

指にとってそのまま舐めてもらうわけで

すか、22人中14人がうまいとおかわり!

うちの息子たちも5歳から食べていますが、

何につけるとうまいかと楽しそうにしてい

ます。大人もわさびを舐めながらお酒を飲

みますが、子どももやっぱりわさび好きだ、

と今回も思いました。うれしいというか、

子どもたちのリアクションがおもしろくて

これだけはやめられません。

春いろいろ

いつも春はバタバタ、お客様もいろいろ。

カレンダー撮影の皆さん(ある会社さんの)、

イギリスから写真家さん(三國屋さん)、

東京からイベント関係の皆さん(豊岡市さん)、

そして、息子の友達もいっぱい。魚を釣り、

網でとる、わさび田は遊び場でもありました。



長男、“十戸の釣り”も覚えました。これがわ

たしの遊びでした。息子たちにも教えていき

たいと思います。花、葉ワサビもこの春は地

元へもたくさん出荷、ご縁もたくさんいただ

きました。みなさん、ありがとうございまし

た。花も散りはじめました。あっというまに

春も過ぎそうです。次は、夏休みに向けて今

から作業、がんばっていきたいと思います。

お客様

地域のことで、東北大学の岡田さんと東京



からのお客様。今日もまた学びあり。皆様、

田沼さんありがとうございました。



春も本場、日本ミツバチもブンブンでした。

東京農業大学さん

見学に来られました。多摩川源流大学という、

山梨県小菅村との地域おこしをされており、

十戸村、田村くんの魚と、うちのワサビの

視察でお越しになりました。小菅村は「ヤ

マメとワサビの里」だそうで、ワサビも江戸

時代中期(1780年頃)からの歴史があります。

ケモノや水害や高齢化など、但馬の山間地と

同じような課題があるみたいですが、

「村には昔の品種が残っていて味も良い」な

ど興味深い話も聞けました。



田村くんの川魚の話しもいつ聞いてもおもし

ろいです。「水の村」の思わぬ交流をさせて

頂きました。遠くからありがとうございました。



天気も良く、池の猫達もいい感じでした。

2014年

あけましておめでとうございます。



今年もよろしくお願いいたします!



年末は降りました。自宅の2階から。

新芽漬

「新芽のしょうゆ漬」、雪が降るまで、

次は春(2月下旬〜4月)になります。

十戸の「寿楽庵さん」、京都錦市場

「かね松老舗」さんで販売しており

ます。毎週、木曜日に作り、金曜日

にお店に並びます。この時期はどん



どん新しい、小さな葉が出て、ワサ

ビも大きくなります。花もちらほら。