小学生の学習会

母校でもある小学校の環境学習会。父、今は私が担当し、

毎年続いています。今年も3年生がワサビ田にやってきました。

ばらまかれた種、水路を泳ぐ稚魚、この時期はいろんなネタが。

ワサビはどこから来た?種はどう採る?など鋭い質問も。



最後にワサビを一舐め。ほとんどの子どもが(先生も)、

何度も何度もおかわりしてくれる、うれしい瞬間です。

この後は、ニジマスの見学へ。

豊岡シンポジウム

やっと但馬らしい冬になってきました。



昨日は、「豊岡シンポジウム〜孫が大人になった時、

夢のある豊岡をどう残すか〜」に行ってきました。

参加者約80名。15時から始まり、気づけば約9時間

も皆さんとご一緒させて頂きました!



「神鍋の自然と水の恵み新しい価値をお客様へ」、

NPO法人 かんなべ自然学校の前田さんからの

発表もありました。豊岡でも多様な取り組みが生



まれつつある、おもしろくなる、そう感じま

した。自らも楽しんいきたいと思っています。

ご縁もたくさんいただきました。ありがとう

ございました。

冬の種まき

ワサビがこぼした種から、双葉がどんどん



展開しています。本来なら冬は休眠して、



春先に目覚めます。



それならと、これまではしたこともない、



冬の種まき、苗づくりの実験!明日から

は冬らしくなりそうですが、こんな遊び

が先につながるような気がします。

初収穫

ポカポカな陽気が続いていますが、



今日は初収穫となりました。

例年なら雪で葉茎も採れませんが、


今年は採れてしまう。ワサビも大きいです。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。



毎年のことですが、ワサビ田の丘に登り、

村のお宮さんに参り、今年もまた新たな

気持ちでスタートすることができました。

毎日を大切にしながら、 いろいろなこと

に取り組み、実行していきたいと思います。

2016年もどうぞ宜しくお願いいたします!

暖冬

雪のない正月を迎えそうです。



花もいい感じで咲いてます。



子ども達も外で遊び、農作業もしやすく、



ワサビもよく育ち、日本ミツバチも元気、

でも山々にあるはずの雪がなく、この先の

「水」が心配です。降るものは降ってほしい、

来年に期待します!

亥の子祭り

亥の子のまつり。朝から準備、まずは、神社の



掃除から。境内にそびえるケヤキの巨木から雪

のように一面降り積もった落ち葉をかき集め、



もったいないので腐葉土にするために頂いて

帰りました。

モニターツアー!

たくさんの方にお越し頂きました。

ありがとうございました!!





※クリック拡大可

若手農家さん!

静岡県河津町から、若手の皆さんが来園

されました!静岡はワサビの本場で、

後継者さんもたくさんおられるのです。

私もたくさん刺激をいただきました。

ありがとうございました!

静岡の農家さん

下田市からワサビ農家さん、5名様が

来園されました。静岡の農家さんとは

代々で交流があり、お世話になってい

ます。今回も貴重な機会を頂きました!