初収穫

ポカポカな陽気が続いていますが、



今日は初収穫となりました。

例年なら雪で葉茎も採れませんが、


今年は採れてしまう。ワサビも大きいです。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。



毎年のことですが、ワサビ田の丘に登り、

村のお宮さんに参り、今年もまた新たな

気持ちでスタートすることができました。

毎日を大切にしながら、 いろいろなこと

に取り組み、実行していきたいと思います。

2016年もどうぞ宜しくお願いいたします!

暖冬

雪のない正月を迎えそうです。



花もいい感じで咲いてます。



子ども達も外で遊び、農作業もしやすく、



ワサビもよく育ち、日本ミツバチも元気、

でも山々にあるはずの雪がなく、この先の

「水」が心配です。降るものは降ってほしい、

来年に期待します!

宿題



算数の問題を作る宿題です。

一年生の次男が書きました!

亥の子祭り

亥の子のまつり。朝から準備、まずは、神社の



掃除から。境内にそびえるケヤキの巨木から雪

のように一面降り積もった落ち葉をかき集め、



もったいないので腐葉土にするために頂いて

帰りました。

モニターツアー!

たくさんの方にお越し頂きました。

ありがとうございました!!





※クリック拡大可

若手農家さん!

静岡県河津町から、若手の皆さんが来園

されました!静岡はワサビの本場で、

後継者さんもたくさんおられるのです。

私もたくさん刺激をいただきました。

ありがとうございました!

静岡の農家さん

下田市からワサビ農家さん、5名様が

来園されました。静岡の農家さんとは

代々で交流があり、お世話になってい

ます。今回も貴重な機会を頂きました!

村の春祭り



十戸神社と弁財天で祭典が行われました。

トタンの向こうがワサビ田になります。



この時期は白い花、満開まであと少しです。

植える遊び

何でも遊びにしてしまう子どもたち。



長男が土手に野生化したワサビを引っこ抜き、







次男が土を落とし、水路で洗って“苗”を確保。





それを運んで、ワサビ田の最下流へ移動。



これを栽培していない場所に植えるのです。



草防止のシートをめくって次から次に。







今のワサビ栽培は、昔、山(土)の天然ワサビ

を湧き水に移植したことから始まりました。

そんなことを思わせてくれるこの遊び、

“耕作放棄地”も捨てたもんじゃありません。

すっかり子どもの遊び場、秘密基地に。

そして植えてから1ヶ月ほど、育ってます!

ということで、子どもらに動かされたわけ

ではありませんが、私も苗を少しずつ確保

しながら、シートをめくって植えていきた

いと思います。植えてどう育つか、これを

どうするかは後で決める、少なくとも景観

は確保できるかと思います。