あたり屋さん

大阪の東三国にある「あたり屋」の土井さんから、
「ホームページを作りました」とのご連絡をいただきました。
本格的なお蕎麦と料理が楽しめるお店です。ぜひご覧下さい。

・H P http://www.atariyasoba.com/

「顔の見える食材が使いたい」とのことで、
土井さんはこの夏、ワサビ田にも見学にお越しになっています。

またお店のほうにもぜひお伺いしたいと思っています。

休暇村ツアー

いよいよ神鍋山の山頂に広がる噴火口をめがけての登山。
登山といってもタイトル通り、ウォーキングコースといった感じです。
そもそも神鍋山はそんなに高くありません。標高は469m。
高原の風を感じながら爽やかに汗をかく、
距離は約4〜5キロ、所要時間は約1.5〜2時間のお手軽なコースです。



冬はスキー場として有名な神鍋山が、
「火山」であったと知っている人は意外と少ないのでは。
子供の頃、ほぼ毎週あった小学校のスキー教室で何度も登っていますが、
「リフト」ではなく「歩き」で登るのは私も初めてです。



山からの景色(まさに稲刈りのシーズン!)も秋を感じさせてくれます。



はじける山栗、風にそよぐススキ、ハギの花…自然の草や木も楽しめます。



コースには33体の石仏観音様が祀られ、順にお参りしながら歩けます。
スキー場の創業が大正12年、それよりも前の大正6年に安置されたとのこと。



山頂には深さ約50mのすり鉢型の噴火口が広がっています。
火口をぐるっと周ることができる750mの道が整備されています。

山を下りて、「風穴庵」で名物の「麦めしとろろ」をいただき、
火山の痕跡でもある風穴(年間平均8度の天然の冷蔵庫)も見学しました。

知っているようで知らない地元のこと、まだまだありそうです。
遠いところ、みなさんありがとうございまいた。
スタッフの方、ご苦労様でした。次回も宜しくお願いします。

休暇村ツアー

「北村わさび」では「休暇村 竹野海岸」さんの
「秋編バスツアー・ウォーキング・体験プログラム」に参加しています。
「秋の神鍋高原・噴火口を歩く」というコース名で内容は下記の通り。

休暇村さんのサイトより…
神鍋高原の遊歩道に安置された33体の石仏観音を巡りながら
噴火口を巡る約5劼離Εーキング。
高原の湧水を利用したワサビ田や八反の滝の見学も見応えがあります。

このような“ツアー”としての見学のお受入れは今回が初めて。
といってもワサビ田、農家の“ありのまま”を感じていただくだけですが。



今日は12名の方にお越しいただきました。なんと愛知県からも!
足元に注意していただきながら、ワサビ田の奥の湧水源をご案内し、
今から登山される神鍋山の噴火(2万年前)で生まれた土壌と湧き水…



ご説明したり、ご質問があったりと、和やかな時間はあっという間に。



今日は私も途中からではありますがツアーに参加させていただきました。

登山の前に「神鍋溶岩流」のひとつ、「八反の滝 ・ハッタンノタキ」へ。
名色地区にある別荘地を入っていくと案内看板があり、
急な道をしばらく下っていくと、なんとも言えない空間が!!
地元にいながら初めて見る光景には、正直びっくりしました。
「十戸の滝」もいいですが「八反の滝」もすばらしい! 必見です。

スポーツニッポン

【スポーツニッポン】 2009年9月9日

※クリック拡大可

大阪

今日は、お世話になっている八百屋「セレクト」の
住本さんと一緒に、上町にある名店「ながほり」の
中村さんを訪ねました。

住本さんは野菜を「料理店さんだけ」に卸す、こだ
わりの八百屋さんです。料理人さんと農家を繋げて
くださっており、今日も多くの方との出会いをもた
らしてくださいました。



「ながほり」さんの料理、日本酒のおいしさに感動!!
お店も満席で、予約の電話が次から次と…さすがっ!!

そして、なんと今日はお二人の計らいとご厚意により、
「ながほり」さん営業後、そのままお店をご提供して
いただき、様々なジャンルの料理人さんに多数お集ま
りいただいたのです!

テーマは「ワサビ」!
私のこだわりについてお話をさせていただいたり、
持参したワサビをその場で試食していただきました。
みなさんから多数のご意見をいただき、
ワサビを使ったいろいろな料理の可能性も・・・
やっぱり料理人さんの発想はすごい! パワーもすごい。



こだわりのワサビ作りができるのも八百屋さん、
料理店さんあってこそ。お店を出たのが午前3時。
みなさま、お疲れのところ本当にありがとうご
ざいました。これからも末永くお付き合いいた
だければ嬉しく思います。