CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
桜の花を見る会

タネの活動がきっかけとなり、総理大臣から、

「桜の花を見る会」に招待を受け、家族を

引き連れて新宿御苑に行ってきました。

有名人いっぱいで子どもたちは喜んでいました。

 

 

 

但馬でご縁を頂いた、『Chez Panisse』の

元総料理長、ジェロームと原川さんに再会でき、

料理研究家の方におもてなし頂き(但馬の農業

関係の皆さんと)、学生、社会人時代の仲間にも

久々に会え、子ども達の成長も見えた東京での

3日間。そして、家業を継いで15年かぁと。

でも、農業や地域のこと、まだまだ楽しくなる

予感です。と言うかそうしたいですね。

これからもよろしくお願いします。

| 食のつながり | 05:22 | - | - |
里山わさび(7)

◎里山わさび復活プロジェクト

 

昨年5月末に送った、サヤの直まき、自然生え。

兵庫県宍粟市、京都府綾部市など各地から、

「芽が出ました!いろいろと工夫して育てて

みます」と嬉しい便りが届いています。

 

ワサビ田の丘でも2月下旬に発芽しました。

 

たくさん発芽すると混み合うので、その部分は

段階的に間引きます。それをさらに別の場所に、

「苗」として移植して新たにワサビ野を増やす

こともできます。


ただ、山間部の渓流沿いなど冷涼で水分に富んだ

場所での発芽は見られましたが、それ以外の場所

ではほぼ確認できませんでした。特に夏場は土が

乾燥しやすくなり、その後の生育のことも考える

とやはり「場所選び」が重要になるかと思います。

 

一つの方法としては、サヤをまいた場所に板を敷

いてブロックなどで重石をします(発芽の時期に

なる前には取り除きます)。冷蔵庫による種の貯

蔵のように適切な地温や湿度を保つことができ、

草の防止にもなります。

 

より確実に根付かせるためには、やはり苗を植え

るに越したことはありませんので、苗の配布を主

に取り組みを進めていきたいと考えています。

| プロジェクト | 11:42 | - | - |
満開です

今日は雨でしっとりと咲いていますが、

ほぼ満開となりました。

 

 

ワサビの収穫も終盤に入ります。

| わさびのこと | 15:37 | - | - |
花と霜

今朝は、咲き始めた花にも霜が降りて、

 

 

摘まんで食べると苦みはもちろん甘みが強く、

 

 

春が待ち遠しい感じです。

| わさびのこと | 10:29 | - | - |
謹賀新年

あけましておめでとうございます。

穏やかな正月を迎えています。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

| わさびのこと | 12:19 | - | - |
<< | 2/119PAGES | >>