ロサンゼルスより

ロサンゼルスを拠点に活動されている、

tatsuya kawauchiさんの制作チームに

よる4日間の撮影が無事終了しました。
https://tatsuyakawauchi.com/

 

日本の「和」をテーマに、文化、食、

自然、芸術の多様性や職人の精神に

スポットを当てた撮影を各地で行い、
アメリカ国内外の映画祭に出品を

予定されています。

 

今回はインスタと英語のHPがきっか

けとなり、メール交換していく中で、
「北村さんの物語をぜひ発信してい

きましょう」と撮影の5日前に話が

決まりました。 

 

 

インタビューにはなかり苦戦しまし

たが、3日目にして何とかOK!

作業や風景も一通り撮影できました。
最後、薄暗くなったわさび田で、

これですべて終了です!の一言、

彼らのハイタッチを見てほっとしました。

 

4日目は、お世話になっている城崎温泉

「さんぽう西村屋 本店」さんで、中安

料理長のインタビュー、料理の撮影など

営業時間の直前までご協力頂きました。

本当にありがとうございました!

http://www.sanpou-nishimuraya.com/

 

最後は、「OFF.KINOSAKI」さんで

打ち上げ!出会ってすぐに撮影入りし

たので、ここでやっとお互いの自己紹介。

彼らのいろいろな話も聞けて、一緒に

やれて良かったね〜出会いに感謝。

 

制作チームは3人で、皆さん30歳前後。

限られた時間の中での本格的な撮影は、

緊張感もあり良い経験にもなりました。

どんな作品になるのか楽しみです!

 

 

翌日、「最後にお蕎麦とわさびが食

べたい」ということで寿楽庵さんへ。

「美味しい!!」と喜んでくれました。

彼らは6日間、神鍋に滞在していましたが、

ぜひまたどこかで会いたいと思います。