CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 奥田シェフ講演会 | main | 『丹後くろまつ号』 >>
『ひょうごの在来作物』

2003年に姫路から始まった一つの活動が、

やっと本になりました。ワサビをはじめ、

身近なところで出会えた種と人。私も執筆

させていただきました。家業を継いで間も

もない頃にわが家のワサビに光を当ててく

れたのが、『種と遊んで』の山根さんでした。

「ひょうごの在来種保存会」では、県内各

地の種採り農家を訪ね歩き、高齢化などで

消えつつある在来作物の発掘、調査に取り

組んできました。「但馬はおもしろいなぁ。

まだまだあるで!」。山根さんに触発され

て私も夢中で探し、ここにしかない個性的

な形や味、何よりも人との出会いがおもし

ろくてこのブログにも記録してきました。

世代を超えて受け継がれてきたものを、

また次の世代に繋いでいく。今、若い人、

家庭菜園や料理関係を中心にこうした

タネが新たに見直されて、各地でいろいろ

な活動が展開されています。保存会が出会

えたものは一部であり、まだまだ見知らぬ

ものが埋もれているのではないかと(そう

あってほしい)思いますが、自生に近いも

の、個人が守るもの、流通しているものな

ど、100近くの多様な作物(購入先や食べ

方なども)がまとめられています。ワサビ

にもいろいろあります。まだまだ深めてい

きたい、この活動を通してそう思いました。

地域資源の一つとしても注目されています。

お近くの書店でぜひ手に取っていただける

と嬉しいです!





『ひょうごの在来作物 つながっていく種と人 』
ひょうごの在来種保存会・編著
神戸新聞総合出版センター 2016年3月20日発行

| メディア | 07:05 | - | - |