こしあぶら

 

いただきました。天ぷら最高でした。タラの芽や

ウドと同じウコギ科の木の芽の部分で、「山菜の

女王」とも呼ばれており、名前の由来は、かつて

この木の樹脂(あぶら)を絞り、濾したものを漆

のように塗料として使われていたからだそうです。