CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 苗作り(13) | main | 霜のふちどり >>
神鍋火山岩(32)

◆わさび田ァ 屮献礇」

石採場からは「むし石」をはじめいろいろなものを採りま



したが、火山灰、火山砂、スコリア(多孔質なため強度も

弱く、すかすかしていてもろい)など、「土状」「砂状」

のものや砕けた粉状のものも同時に採りました。これをう

ちでは昔から「ジャク」と呼び、石採場はジャク採場とも

呼んでいます。何に使ったのかは後で書きますが、これは

うちだけの?呼び方だと思います。石のことを「ジャク」

とも言うらしく、但馬最古の石は4〜5億年前の「蛇紋岩

(じゃもんがん)」
とありましたが、別名は「温石(おん

じゃく)」らしく、「砂利」が単になまってジャクになっ

たのか、「石」を語源とするジャクなの全くわかりません。

ちなみに養父市の一部に蛇紋岩土壌の地域があり、氷ノ山

の水でこの地域で作られたお米「蛇紋岩米」は有名ですが、

「温石米」としても売られているようです。ちなみに「温

石」とは平安時代末頃から江戸時代にかけて、石を火で焼

いて温めて、真綿や布などでくるみ懐中に入れて胸や腹な

どの暖を取るために用いた道具だったらしく、温める石は

「蛇紋岩」などが好まれたようで、つまり、湯たんぽの代

わりに使用されていたことから名付けられたそうです。石

の呼び方にもいろいろあっておもしろいです。

| 神鍋火山岩 | 03:23 | - | - |