神鍋火山岩(36)

◆わさび田 「稲葉川から石を採る」

息子たちの遊びの一つに「石あつめ」があります。



収穫後の空いた場所、たくさんの「小石」のなか

から(種類、色、形、大きさ、重さ、とにかくい

ろいろ)、珍しいというか、気に入った石を見つ

けて、集める遊びです。この遊びからわかったこ



とがあり、よく見ると角がとれた「丸石」ばかり

集めていました。ワサビ田の小石は、石採場から

採って、石割りをして割ったもので、ほとんどが

角ばったゴツゴツした石ですが、何でこんな所に



丸石があるのかと。確かに前から気にはなって

いましたが、子供たちもここでは丸石が珍しい

と思ったようです。何でここにあるのか?と父

に聞いてみると、ワサビ田を囲う小池山のすぐ



向こうに県道が走り、そして溶岩流が流下した

稲葉川があり、なんとその河原の石を採ってワ

サビ田に入れたとのこと。今まで知りませんで



した・・。ずっと昔の話しのようですが、場所は

「十戸滝」の手前辺り、ここは「ムシアゼ淵」と

いう名称で、神鍋溶岩流の見どころの一つになっ



ています。川に転がっている適当な小石を採り、

小池山を越えてワサビ田へ運び、これも大変な

重労働だったと思います。先代はなぜ丸石を採

ろうと思ったのか、真意はわかりませんが、身

近なところから石を採って利用する、「川」も

「石採場」のひとつだったようで、僅かですが



川の丸石が混ざっています。その辺の石と違い、

水に運ばれる途中に削られ、角がとれ、小さく、

丸く、平べったく、また、大地の広範囲から川

に集まってくるので、種類もいろいろです。



上流から流れてきた火山弾や火山礫も、ゴルフ

ボールのように丸くなっています。子供たちの



遊びから思わぬ発見があっておもしろいです。

茶色い輪っかがくっきりと一周模様になった、

こんなおもしろい丸石も見つけていました。