道草

春から長男が幼稚園へ。徒歩3Kの道のり、

7時出発で、神鍋方向に上って行きます。

当番でときどき、親も送り迎えがあります。

25年ぶりの懐かしい道中、野草があり、

食べれるよ、と言うと、えっ!本当!と

子供たちは真剣に反応、ノビルなんかを

持ち帰り、実際に食べてみたり。



4月下旬、迎えに行く途中、1人で写真を。



ヤブカンゾウ 



ノビル、英名は野生の玉葱 



セイヨウカラシナ?



イタドリ、但馬では?「ダンジ」、

ポキッと折ってかじる、懐かしい酸味。



ワラビ



手にはノビル。さすがに疲れているのか

8時には寝ます。こちらも一緒に寝てしまい

3時か4時に起床、最近のパターンです。

ちなみに写真の湧水は、「十戸の清水」の

湧水地のひとつ「堂の川」、民家の玄関下から

突然湧き出し、川いとにもなっています。