どんぐり(4)

12月12日、同じ小池山、私は墓で落ち葉拾い、

すぐ近くで父はコナラの植え付けをしていました。



ワサビ、畑に使う落ち葉を小池山から採りたい、

という単純な理由もありますが、昔は小池山に

なぜ杉や檜を植えたのか、今はなぜ広葉樹も

植えているのか、この山に自分が求めるもの、

何十年後にどんな山であってほしいか、そして



与えられるもの、今は漠然とした思いしか、

知識も経験も全くありませんが、畑のような

感覚で小さな山とじっくりと付き合ってみる、

ここから学び、発信していきたいと思います。

畑のようにすぐには収穫はできない、とても

時間がかかる取り組みではありますが。



土地のドングリ(種子)から、土地本来の森に

戻す、里山の再生が各地で行われていますが、

なぜか子供たちは種やドングリに夢中になる、

きっかけをくれたのは子供たちのドングリ遊び



ドングリを拾いたいと2年前の秋、落ち葉を集め

ていた神鍋高原のある場所へ行き、持ち帰った

ドングリを畑に播いたのが始まりで、ポットに



植え替えて、2年かて苗木にしました。買えば



そこそこかかる苗木、山の木々がドングリを



落とすように山に直接播く方法もあるようですが。



一昨年の夏から杉の間伐(伐り捨てですが)、



笹や雑草を刈ったり、杉の枝打ちをしたりと、

苗木の植え付けに向け準備をしてきました。



とりあえずまた間引きをすれば良いと116本も、

父が手際良く植え付け、山桜、もみじ、栃の木、

どんな木を植えてみようかこれから楽しみです。



その後、雪による枝折れなどを防ぐために枝を



支える支柱(竹を伐り出したもので作った)を立て、



どんな成長を見せてくれのるのか楽しみです。