学生さんご見学

兵庫県の園田学園女子大学、

埼玉県の十文字学園女子大学の

皆さんが見学に来られました!

 

 

「水」をテーマにした但馬の

地域巡り、わさび田にも寄っ

てくれました。

 

 

熱心に話しを聞いてくれ、

収穫、試食も盛り上がり、

楽しい交流会でした。

 


写真もありがとうございました!

ビレッジライフ懇話会

保田茂先生の「ビレッジライフ懇話会」

で、わさびや地域のこと、1時間ほど

お話しさせて頂きました。

 

 

兵庫の食農関係者を中心に私で217人目

の講師、活動としては20年の会だそうです。

 

 

先輩方からの励まし、皆さんからも

多くのヒントを頂き、やりたいことに

もまた繋がっていく。

 

 

今回はトンボ帰りの神戸でしたが、

とっても有意義な時間を頂きました。

ありがとうございました!

小学生の学習会

地元小学3年生の学習会、

今年は10名を案内しました。

 

収穫した後の場所で、溶岩の

石ころ、湧き水に触れ、その中に

 

 

潜むサワガニを見つけると

もう止まりません・・・。

カニ探しだけで30分はいけます。

 

ただ、メインはわさびなので、

この時期にばらまかれた種を探し、

最後におろして味わい、今回も

大成功、あっという間の1時間でした。

 

 

毎回、子ども達の豊かなリアクションに

癒され、気づきもたくさん!

 

作物を育むだけではない、農空間の役割や

可能性。とっても面白いテーマだし、

いろんなことができそうですね。

『The CAMPus』02

インターネットの農学校 『The CAMPus』

にて、第2回目の講義記事が配信中です!    

 

「未来の種を蒔くわさび栽培学」
02. ここが自分の生きる場所。
わさび農家の後継者としての苦悩と覚悟

 

ぜひご覧ください。

『The CAMPus』01

インターネットの農学校 『The CAMPus』

に“教授”として参加することになりました!
第1回目の講義記事も配信されています。    

 

「未来の種を蒔くわさび栽培学」
01. 小さなわさび農家はどう生きるのか  

 

農的な暮らしや仕事に興味のある読者さん
(若者たち)に、何か少しでもヒントに
なれば幸いです。実地研修や地域体験など
リアルな交流もあり、今後が楽しみです。

   

学校の理念もわかりやすく、個人的には
すっと共感できるし、どの農家さんの
記事も面白い!ですよ。ご興味のある方は、
ぜひ覗いてみて下さい!

 

ナビゲーターの坂田理恵さんには、
取材で何度も足を運んで頂いています。
わさびのことはもちろん、いろいろな
ことを発信していきたいと思っています。
よろしくお願いします!

小学生の学習会

先日の小学生の見学会の、

お礼の手紙が届きました。

 

 

13人中11人が、「おいしかった」と。

「初めは辛く、終わりはく甘い、

その変化にびっくりした」という

感想もありました。うれしいですね。

子どもたちには、原体験としていろん

なもの刻んでほしいなぁと思います。

小学生の学習会

母校でもある、地元小学校から、

今年も3年生が見学にやってきました。

因みにうちの子どもは1、4、6年で

今年はおりません。

 

 

14名のみんな、とても元気いっぱいで、

 

 

沢ガニを探したり、この時期はちょうど

種がこぼれているので、小さな種探しに

夢中になってくれました。


最後にその場でワサビをおろして食べて、

いろいろ質問を受けて、次のニジマス見学へ。

小学生の学習会

母校でもある小学校の環境学習会。父、今は私が担当し、

毎年続いています。今年も3年生がワサビ田にやってきました。

ばらまかれた種、水路を泳ぐ稚魚、この時期はいろんなネタが。

ワサビはどこから来た?種はどう採る?など鋭い質問も。



最後にワサビを一舐め。ほとんどの子どもが(先生も)、

何度も何度もおかわりしてくれる、うれしい瞬間です。

この後は、ニジマスの見学へ。

こどもの見学会

「幼保交流会」が行われました。次男がお世話に

なっている清滝幼稚園、清滝、西気保育園の

4、5歳のみんな、先生方、サポートしてくれた

石谷君、40名ほどで十戸を散策しました!



魚を呼んであげると田村君、餌まきのサービス!





カニ、稚魚に夢中になってくれました。



どこへでも行き、何でも遊びにしてしまう

というか、道から池にかかる民家への

橋からみんなで下を覗き込む。ひやひやです。



水で育つお米、田んぼのなかを通ってゴール。

十戸の広場でお弁当。楽しい一日でした。

小学生の学習会

今年も地元、清滝小学校の三年生が見学に。



今は水の神様が安置されている水源地↑、

熟してきたわさびの種、水路を泳ぐさか

ななど、ネタもたくさんです。子どもの

見学ではいつも最後にわさびをおろして、

指にとってそのまま舐めてもらうわけで

すか、22人中14人がうまいとおかわり!

うちの息子たちも5歳から食べていますが、

何につけるとうまいかと楽しそうにしてい

ます。大人もわさびを舐めながらお酒を飲

みますが、子どももやっぱりわさび好きだ、

と今回も思いました。うれしいというか、

子どもたちのリアクションがおもしろくて

これだけはやめられません。