CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
丘の草刈り

わさび田を囲む丘。数年前から整備を開始。

6月の草刈りがやっと終了!

この丘の縁周りから水が湧き出し、わさび田、

魚の池、田んぼに行き渡る。

 

 

ここから眺める村の風景、やっぱりいいですね。

| わさびのこと | 18:50 | - | - |
お礼の手紙

先日の小学生の見学会の、

お礼の手紙が届きました。

 

 

13人中11人が、「おいしかった」と。

「初めは辛く、終わりはく甘い、

その変化にびっくりした」という

感想もありました。うれしいですね。

子どもたちには、原体験としていろん

なもの刻んでほしいなぁと思います。

| わさびのこと | 11:47 | - | - |
里山わさび(9)

◎里山わさび復活プロジェクト

 

今年も神鍋の在来種わさびの種を頂きに。

何ヶ所かに点在する、高原のとある秘密の場所。

 

 

この場所では、栽培されなくなって何年か経ち、

昨年よりもさらに減り、いよいよ消えつつ感じです。

 

 

今年は僅かな種ですが、それでも来年に繋がりました。

昨年頂いた種は、この春にプランターで苗を育て、

家の周りに植えたり、知り合いにおすそわけして、

神鍋高原のとある場所にも植えてもらいました。

あと、うちのワサビ田にも試しに。どんなワサビに

なるのか、楽しみです。

| プロジェクト | 17:38 | - | - |
小学生の見学会

母校でもある、地元小学校から、

今年も3年生が見学にやってきました。

因みにうちの子どもは1、4、6年で

今年はおりません。

 

 

14名のみんな、とても元気いっぱいで、

 

 

沢ガニを探したり、この時期はちょうど

種がこぼれているので、小さな種探しに

夢中になってくれました。


最後にその場でワサビをおろして食べて、

いろいろ質問を受けて、次のニジマス見学へ。

| わさびのこと | 17:33 | - | - |
里山わさび(8)

◎里山わさび復活プロジェクト

 

いろいろな実験を経て、この春から本格的に苗の

おすそわけ、配布をスタートしています。

ありがたいことに、この活動を通して約30名

の方とご縁があり、ご参加いただいています。

 

 

わが家の作業場裏手に植え付けたワサビも元気に

育っています。植え付けから数年(正確には覚えて

いませんが・・・)、葉ワサビも収穫できるほどに

大きくなり、そして種も付けています。

 

収穫までの期間は環境によっても大きく異なります。
水分に富んで、土壌が肥えた場所であれば早くなり

ますが、最初の数年は1株から花や葉ワサビを数本

摘む程度かもしれません。


根こそぎ収穫しないで、春になれば旬を迎える花や

葉ワサビを摘んでワサビ漬けなどを毎年楽しみます。

この辺りでは毎年3月下旬〜4月上旬には花ワサビ

が収穫できます。花摘みはワサビの生育を促進させ

ますのでまめに行います。4月中旬〜5月上旬には

葉ワサビが最盛期になります。ハサミで摘んで収穫

しながら、ワサビ漬けや天ぷらなどが楽しめます。

 

種採りを目的とするなら(充実した種ができるかわ

かりませんが)、花を摘まずに種を実らせます。

そして、5月下旬〜6月上旬に種を採れば(今年は

早いと思いますが)、新たにワサビ野を増やすこと

もできます。

 

 

熟したサヤを採り、そのままサヤごと直まきます。

翌年に春の気配を感じると休眠から目覚めて自然に

発芽します。「とりまき」と呼ばれる、こぼれ種の

ように自然に任せて繁殖させる方法です。これまで

にも書いていますが、ちょっとした工夫が必要です。

詳しい方法はお問い合せ下さい。

| プロジェクト | 17:45 | - | - |
| 1/119PAGES | >>