CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
種のおすそわけ(1)

サヤが紫色に膨らんできました。この5月から

新たな取り組みをスタートすることになりました。

時間をかけてじっくりと楽しんでいきたと思います。

 

 

わさび農家の小さなプロジェクト

【種のおすそわけ】 

 

身近な里山に種をまいて、ワサビ野づくり

してみませんか?おいしく親しみながら、

里山、ワサビを未来へ繋ぎましょう!!

 

ワサビ田の周りには、こぼれた種から繁殖した

ワサビがたくさん自生しています。すりおろす

根部は太くなりませんが、春になると緑鮮やか

葉をどんどん展開させます。このようにワサビは

「土」でも育ちます。そもそもワサビは日本原産

の植物であり、古来より山に自生していました。

(その起源は500万年前とも言われています)

山に自生しているものや、畑で栽培したものを

「山わさび」「畑わさび」「葉わさび」などと

呼び、主に葉や花、その茎の部分を利用します。

但馬地方にも葉ワサビを楽しむ食文化がありま

すが、近年は環境の変化や鹿の食害などにより、

里山のワサビがどんどん減り続けています。

 

ワサビ田の溶岩上に種がこぼれ、芽を出すワサビ。

 

ワサビ田を囲む丘に種がこぼれ、広がったワサビ野。

 

まずは消えてしまえば二度と手に入らない、地域

野生種や在来種を守りましょう。「外」から栽培種

などを導入する場合は、交雑する恐れもありますの

で注意しなければなりません。交雑の原因となる

ミツバの飛行範囲は半径2劼噺世錣譴討い泙垢里如

ぜひこの機会にワサビがないか探してみましょう。

もちろ身近にはなかなか出会えるものではなく、

鹿の食害によって消滅した場所ではやはり栽培種を

導入するしかありません。ただ、栽培種だからと

言って簡単に手に入るものではありません。そこに

ワサビならではの難しさがあります。ワサビの種

乾燥にとても弱く、発芽にもバラツキがあること

から、種採りや貯蔵方法は他の作物とは全く異ります。

また、ワサビの栽培そのものが難しいことから、種や

苗は一般向けにはほとんど販売されていません。

 

農家は選抜したわずかな株からしか種を採りません。

その他の種は地面にばらまかれ水の中へ消えていき

ます。ワサビ野づくりにおいては、誰でも簡単にでき

る「とりまき」を広めていきたいと考えています。

これは5月下旬に熟したサヤ(種)を採り、すぐに

サヤごとまくという、昔から行われてきた最も自然に

近い方法です。自然のワサビの種はすぐには発芽し

せん。土の中で種はさらに熟し、サヤは腐りやが

だけになります。翌年3月中旬〜4月、春の気配

感じると種が眠りから覚めて発芽します。農家は

採りから苗作りまで様々な工程を踏みますが、「と

まき」はほぼ自然に任せてそのまま繁殖さる方法です。

 

ワサビ田には無数の種ばらまかれます。

 

サヤには6〜10粒ほど種が実ります。

 

「標高300m以上の山林、北か東向きの傾斜地、

そして、そばに川が流れているような場所」。畑ワサ

ビの栽培にはこのような環境が理想とされていますが、

身近に林地や畑地があればどんどん試してみましょう。

ただし、ワサビは強い日差しを嫌いますで、雑木、スギ

など林間の遮光を利用します。暗くなり過ぎても育ちが

悪くなりますので、ある程度光が入るように間伐や枝打

ちを行います。肥沃な土壌で、じめじめ湿り気があれ

ば土質は選びません。草木が青々と茂り、フキなどの

山菜類が自生している場所が理想です。家の畑や庭など

でも小さなワサビ野を作ることができます。柿や栗、

庭木の下など、昔の人は上下のちょっとした空間をう

まく利用してフキなどを育ててきました。夏には葉が

茂り、冬には葉が落ちて日当たりを然に調節してく

れる落葉樹の下が理想です。

 

60〜70%の遮光が理想と言われています。

 

アジサイの木の下に広がる小さなワサビ野。

 

収穫までにかかる期間は、自然条件はもちろん栽培

方法によっても大きく異なります。肥料を与えて大

きくする畑ワサビの栽培でも収穫までには2年かかり

ます。60年ほど自家採種をしているわが家のワサビは、

栽培種と言っても改良されたものではなく、生育には

バラツキがあり生産性もあまり高くはありません。

ましてや自然のままの土壌(無肥料)で育てるとなお

さら時間がかかり、最初の数年は一株から花ワサビと

葉ワサビを数本摘む程度のものになります。それなり

の収穫量を目指すなら、やはり畑ワサビとして栽培し

ますが、なるべく環境に優しい技術を取り入れましょう。

渓流沿いなどにちょっとした水辺があれば、小石を拾い

集めて小さなワサビ田を作り、苗を移植して「沢ワサビ」

として根部の収穫をぜひ目指して下さい。 

 

gthnktkううyいzn「とりまき」して、翌年3月中旬に発芽、現在の様子。

 

時間はかかりますが1株でもしっかりと根付けば、

元から新たな株をどんどん増やして自然に繁殖して

いきます。毎年3月下旬〜4月上旬には花ワサビ、

4月中旬〜5月上旬には葉ワサビが旺盛となり、ワサ

ビ漬けや天ぷらなど旬の味を楽しむことができます。

花を摘まなければ種が実り(充実した種ができるかど

うかわかりませんが)、5月下旬〜6月上旬に「とり

まき」して毎年少しずつワサビ野を増やしていくこと

もできます。「美味しいワサビはあるから山に入る」。

環境に神経質なワサビを育てるということは、里山の

手入れにもなります。

 

時間はかかりますが、大きな株に成長します。

 

根こそぎ収穫しないで、摘みながら楽しみます。

 

日本列島の約7割は山間部が占めており、ワサビが育

つ環境は無数に存在します。たくさんの人の手によっ

て種をまいてもらい、小さなワサビ野を再生していく。

鹿の被害が避けられない場所では、やはり柵などで囲

って保護するしかありませんが、このような遊びをこ

こから各地に広めていきたいと考えています。

 

 

「種のおすそわけ」は、2016年にワサビ田の丘や

屋敷でスタートしたばかりでまだまだ試行錯誤の段階

ですが、いろいろな方々とのご縁により各地で進め

いく予定です。林業や有機農業ご関係者様など

各方面からのご意見やご指導も宜しくお願いいたします。

毎年5月下旬にかけて種をおすそわけすることができ

ますので、一緒に取り組んで頂ける方を募集しています。

ご興味のある方はメールにてぜひお問い合せ下さい。

100年先の未来へ種をまき、ワサビのある里山の

原風景と食文化を次の世代に繋いでいくのおすそわ

けがこのようなきっかけ作りになれば願っています。

 

■わさび農家 北村わさび 北村宜弘

メール:info@kitamura-wasabi.com

 

| 種のおすそわけ | 06:45 | - | - |
八代オクラ(6)

おもしろいオクラがあると、調査したのが

 

 

2011年のこと。50年前に一人のおばあちゃんから

八代地区に広がった名もなき種だとわかりました。

 

 

同地区で農業を営む吉岡君から、さらに豊岡市の

農家さん(50軒以上)に広がり、今では小学校の

給食の食材提供に向けた取り組みが進んでいます。

この夏から給食になるのでしょうか?

楽しみにです。5月中旬に種まきです。

| 在来作物 | 11:45 | - | - |
春の雪

雪になりました。

花わさびの収穫、まだスタートできません。

例年だと3月5日頃なのですが。

今年は1週間ほど遅れそうな感じです。

今しばらくお待ちください。

| わさび | 07:45 | - | - |
またまた大雪

ワサビ田の入り口、積雪120

苗のハウスの屋根から雪が落ち、

大変なことになっています。

 

葉っぱの上は40僉花芽が折れて、根に傷が

ついてないか心配です。

道も遊び場です。記録的な雪になりました。

| わさび | 17:55 | - | - |
 『山葵茶』

ジェロームさんの交流会がきっかけとなり、また一つ

嬉しいご縁を頂きました。「お茶にブレンドする素材

を探しています。ワサビの葉や花が気になっています」。

同じ町内にお住まいの日本茶インストラクター、成田

さんがワサビ田に来られ、葉ワサビを一握りほど持っ

て帰られのは12月のことでした。「自然豊かな但馬から、

旅する日本茶デザイナー」。成田さんはお茶の作家と

してオリジナルブランド『Sachi』を立ち上げ、カフェ

やギャラリー、現代の生活の中に日本茶の居場所を広

げておられます。

 

 

 

「北村さん、ワサビのお茶ができましたよ」。そして、

今日、商品としてパッケージ化されたものを持って来

られました。「ワサビ単体ではなくて、緑茶ベースで

ブレンドをするところにこだわりがあります。味、見

た目、すべて私のイメージを通して仕上げました」。

 

パッケージの裏面を見ると、但馬、神鍋の素材がわっ

と目に飛び込んできました。品名には、『ふわふわ茶 

神鍋ブレンド 結びの葉山葵入り』とありました。

「緑茶は朝来市の池本さんが栽培、製茶されたもの

ブルーベリーの照葉は神鍋の万劫農園より。クロモジ

(枝は和菓子に使う楊枝の材料になります)の葉、

 

 

※写真は成田さんより

そして、縁起よく結びの葉山葵をブレンドしました」。

あと一つ、『ゆびきり玄米茶 春立ち』。「これは

池本さんの遅れ芽摘み番茶と、出石町の寺田さんの

お米を手炒りで香りよく仕上げました」。

 

 

※写真は成田さんより、右が葉山葵入り

 

「どちらも縁起よく、節分の日にブレンド、立春に

詰めました。限定品です。今週末には、原宿の

style gallery Hug』さんでお茶会をやることに

なっています。暦に合わせた小豆粥や和菓子、バレ

ンタインのチョコレートなどとお茶を繋げて愉しん

で頂くワークショップです。一年に実り多くありま

すようにと願いをこめて。ありがたいことに、満席

御礼なんですよ」。

http://claudialif.exblog.jp/23778032/

 

「豊岡市アンテナショップ『コウノトリの恵み豊岡』

(千代田区有楽町2―10―1 東京交通会館1F)

でも販売して頂けることになりました」。

http://toyooka-antenna.jp/

これからもお茶を介してワサビ田の美しさや、ワサビ

の美味しさを少しでも伝えられたらと思っています」。

 

 

 

但馬の山野や田畑に散らばる素材と、一握りの冬の葉

ワサビが一杯のお茶となる。まさかこのようなカタチ

で味わい楽しんで頂けるとは思いもよりませんでした。

これだと生のワサビとは違って日持ちもするし、ちょ

っとしたおもてなしや手土産にもなり、海外にも送る

ことができそうです。ワサビ田でお花見、お茶会など、

このお茶との出会いでいろいろな楽しみも広がりました。

この冬にゆっくりと味わってみたいと思います。

 

こちらは池本さんの茶畑。2009年に「ひょうごの在来

種保存会」で視察に行った時のもの。まさかこのよう

なカタチになるとは。ありがたいことです。

| 料理関係 | 21:32 | - | - |
| 1/112PAGES | >>