CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
大雪

ワサビ田の入り口もこんな感じ。

苗を植えた場所(葉が小さい)は積もらず、

収穫の場所(葉が大きい)はこんな感じです。

雪をかきながらの収穫、厳しいです・・

| わさび | 17:37 | - | - |
はなはじき

【お客様のご紹介です】

 

暖かな陽気が続いていましたが、今週は

マークが5個も並んでいます!これから先の

水不足を心配していましたがひとまず安心です。

 

この冬は雪がほぼ降っていないこともあり、

秋の葉ワサビ(根ワサビの副産物)がこの時期

まで収穫できました。

 

葉ワサビは但馬地方の山間部でも昔から親しま

れてきました(鹿の食害などによりどんどん減

りつつありますが)。昔から醤油漬けにするの

が定番ですが、漬け方や味つけなど、各家それ

ぞれにこだわりや好みが見られます。

 

「葉わさびの醤油漬け」のことを、「鼻をはじ

かれるほどツンとくる清冽な刺激」から、

但馬では昔から「はなはじき」と呼んでいます。

限られた地域だけかもしれませんが、但馬の

郷土料理として文献にも載っており、わが家で

も昔からこう呼んできました。

 

tanigaki」(兵庫県養父市八鹿町八鹿1645-1

様では、「神鍋 北村葉わさびの醤油漬け」

「神鍋 北村葉わさび茶漬け」が提供されています。

11月のイベントで好評だったとのことで、お店でも

供されるようになりました。春には最盛期を迎

ます。皆さまもぜひお召し上がりください。

 

https://www.facebook.com/izakaya.tanigaki/?fref=ts

| 料理関係 | 15:16 | - | - |
十戸ニジマス

【神戸新聞 2017年1月3日】 ※記事をクリックで拡大可

神戸新聞の連載、「地域の伝統食」で

この村のニジマスが紹介されました。

ワサビ栽培と同じ湧き水を利用して、

古くから養殖業が行われています。

「1923年に始まり、現在は5業者が

伝統を守っている」と記事にあります。

刺身は本当に美味しいです。

| 料理関係 | 17:31 | - | - |
謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

今年も雪のない穏やかな正月を迎えています。

ちらほらと白い花も咲き出しています。

昨年中は皆さまには大変お世話になり、

素晴らしいご縁をたくさん頂きました。

2017年もさらに精進してまいります!

皆さま、どうぞ宜しくお願いいたします。

| わさび | 07:01 | - | - |
山葵ソース

【お客様のご紹介です】

 

一般社団法人NOTEがプロデュース

されている豊岡、朝来、篠山の各施設の

レストランで提供されている、地産地消の

本格フレンチのメニューにワサビを使って

頂いています。但馬牛や、同じ湧き水で

育てられた、十戸の田村さんの川魚の料理

に「山葵ソース」が使われています。

ぜひ、お召し上がり下さい!

 

★「オーベルジュ 豊岡1925

(豊岡市中央町11-22)さまでは

「肉料理:但馬牛のフィレ肉のステーキ

3種の塩と北村さんの山葵のソース」が

提供されています。

※11月1日〜12月31日

http://1925.jp/restaurant/

 

★「竹田城 城下町 ホテル EN

(朝来市和田山町竹田字上町西側363番)さまでは

「前菜:田村鱒と紅芯大根のプレッセ

北村山葵のクレーム」が提供されています。

※11月1日〜12月31日

http://takedacastle.jp/restaurant/

 

★「篠山城下町ホテルNIPPONIA

(兵庫県篠山市西町25番地 )さまでは、

「前菜:神鍋から届く活けアマゴのクリュ

柑橘と山葵のグラニテを添えて」が提供されました。

※こちらは8月の限定メニューでした、

最新のメニューはまたアップします!

http://sasayamastay.jp/sp/restaurant.php

| 料理関係 | 14:54 | - | - |
| 1/110PAGES | >>